DIYでウッドフェンス

横貼り・目隠しルーバーフェンスの作り方

用意する材料 フェンス用板材(20×80 , 20×90 , 20×120 など)、
笠木材(20×105 , 38×90)、柱材(70×70 , 75×75 , 90×90)、
ステンレスビス(41mm, 75mm)、フェンスブロック90角用、モルタル
用意する道具 インパクトドライバー、ノコギリ(丸のこ)、錐(キリ)、
屋外木部用防腐塗料、スコップ、バケツ、水平器、クランプ

ルーバーフェンスの構造


作り方の手順
1. 設置場所とサイズを決める

まずは、フェンスを作る場所とおよそのサイズ(幅と高さ)を決めましょう。
簡単な図面を作成して、必要なパネルの数とサイズを確認します。

[Point]

柱の間隔は 最大1.5m
柱を直接地中に埋設する方法の場合は、フェンス高の2分の1の長さを埋めてください。
(フェンス高2mの場合1m埋めます)

2. 基礎を作る

フェンスを立てる場所を決めたら、まずは柱を立てる位置に穴を掘りましょう。
深さはフェンスブロックがほとんど埋まるくらい。

[Point]

低めのフェンスの場合でも最低60cmの深さまで埋めましょう。
底を柱など重たいもので突固めてから砕石するといいでしょう。

3. 柱を立て、笠木を付ける

柱を穴に入れて、仮置きしましょう。
次に、柱の高さをある程度揃え、柱のてっぺん(柱材の小口)に笠木材を固定します。

[Point]

笠木をつけない場合でも、不要な材を利用して仮止めすることで作業がスムースに進みます。

設置場所の地盤が軟弱、フェンスの高さが1800mm以上、
フェンスが直線のみで長いなどの場合には、方杖(控柱)を入れることをおすすめします。

4. 水平をとり、柱を固定する

水平器で柱の上面の水平と垂直をチェックします。

柱が低い場合は、底面に土を足すなどして調整をしてください。
位置を決めたら隙間にモルタルを流します。

[Point]

モルタルを練る際、標準よりも水分を多めにする方が、隅まで届きます。

木材を直接土に触れさせてしまうと腐りの原因になるので、
なるべく地面すれすれまでモルタルを流し込んでいただくことをおすすめします。

5. フェンス板を貼る

モルタルが固まったらフェンス板を貼ります。 柱に向かってビスを打ち込んでください。
フェンスは上段より貼っていくと綺麗に仕上がります。

[Point]

空気抵抗を考慮して、隙間を空けて貼りましょう。
板材の幅の半分程度の隙間をあけるのが目安です

おすすめの材サイズ

横貼りフェンス材

W20×H80
W20×H90
W20×H120 … など

» 横貼りフェンス材 一覧
 

笠木材

T20×W105
T38×W90

» 笠木材 一覧

柱材

T70×W70
T75×W75
T90×W90

» 柱材 一覧


おすすめの道具

インパクトドライバー

 
錐(きり)

皿取錐(さらとりきり)
ビス

錐込隊長
屋外木部用防腐塗料

ウッドステインプロ


フェンスブロックを使って施工する場合

フェンスブロック

地面に直接埋設せず、フェンスブロックを使う方法なら、
深く柱を埋設しなくても良いので施工が比較的楽になります。

柱のサイズに合わせてフェンスブロックのサイズを選びましょう。

» 70mm角サイズ用 » 90mm角サイズ用


ウッドデッキの上に施工する場合

つむ木90

既存のウッドデッキの上にフェンスを後から立てたい場合は、柱材固定金物がおすすめです。
ハードウッド、ソフトウッドどちらでも使用可能です。
※高さ900mm以上の柱を設置する場合は支え柱を併せて設置して下さい。

» 柱固定金物セット つむ木90


注意事項

※フェンスパネルの施工については設置場所やフェンスのサイズ、
 使用する材の重さにより仕上がりが変化します。
 上記の施工方法は目安です。 実際の状況により強度を高くしてください。

※具体的には… 柱を太くする、柱の間隔をつめる、補助金具を使うなどです。

※サイプレスやウリンなどのハードウッド材は非常に硬いので、
 ビスを打つ前は必ず下穴を開けてください。

※塗料を塗る場合は材料を組みあげる前に塗布を行いよく乾かしてください。
 施工後もう一度仕上げの塗装をすると美しく仕上がります。

※インパクトドライバーで使用するビットや錐は消耗品です。
 破損する事があるので予備を含めて準備しておくと
 工事が中断することなくスムーズに進みます。

みんなの施工例